パパ活マニュアル

パパ活を始めて罪悪感を感じたらこう考えよう

罪悪感を抱える女性

パパ活では女性がお手当をもらって食事をしたり、身体の関係を持ったりする仕組みです。

そのため、女性の中にはそれまでつちかってきた貞操観念が邪魔をして罪悪感を感じる場合も少なくありません。

人としてこんなことをしていいんだろうか・・・

そんな思いにとらわれることもあるようです。

実は男性側にも同じような感情はあります。パパ活アプリで見つけた素人女性にお金を払ってセックスすることへの罪悪感です。

もちろん風俗に行けば同じことなのですが、真面目な男性はパパ活に罪悪感を感じるものです。

そこで、今回はパパ活における罪悪感の心の対応方法についてお話します。

女性会員の多い人気パパ活サイトランキング!
【1位】ペイターズ日本一有名なパパ活サイト。女性のレベルが高く、18歳~25歳くらいの大学生・社会人が中心。エッチまで可能な素人女性は約6割くらい。無料登録できるので、まずは女性のプロフィールをチェックしたい。
【2位】パディ67パパ活を始めたばかりの素人女性が多い。運が良ければ性格が良い子とマッチできる。
【3位】シュガーダディパパ活サイトの老舗。20代~30代の女子も結構いる。写真掲載率が低いのがちょっと残念。

【女性の罪悪感】パパ活は社会が悪いせいにする

パパ活をやっている女性のほとんどがお金目的ですが、これは社会のせいにできます。

新卒の初任給こそ男女差はありませんが、年齢を重ねるうちに男女にははっきりとした年収差が生まれます。

女性が家庭に入ってしまうという点も原因ですが、それよりも結婚して出産した女性が職場に復帰したりする際の仕組みがうまく整えられていないことが原因です。

働きたい意思のある女性は多いのに、社会の仕組みとして女性に高い賃金を払うようにできていないため、いつまで経っても女性は貧しいままです。

こういった社会の問題をいち女性が変えることは難しいです。

そのため、パパ活でおじさんからお金を支援してもらい活動するのになんら悪いところはないのです。

社会の問題を引き起こしているのは中高年以上のおじさんなので、そのおじさんからお金を引き出すという意味ではパパ活は理にかなった仕組みと言えます。

そのためpjさんは罪悪感など感じる必要は無く、胸を張ってパパ活をしましょう。

【女性の罪悪感】親の収入に問題があるせいにする

ここ20年程の間に大学の進学率が飛躍的に上がっています。

また大都市への若者の移動も昔より増えているため、地方の親御さんは非常に苦しい生活を送っています。

以前は偏差値が足りなくて専門学校へ行ったり就職したりしていた高卒者も、大学の数が増えてだれでも大学に入れることになったため進学率が上がってしまったのです。

そのため、多くの親は仕送りもできず、学生は奨学金の返済に追われ、大学を卒業してからも満足した生活を送ることができずにいます。

大学生は在学中からアルバイトに精を出し稼ぎますが、学業との両立はむずかしいため奨学金の返済はなかなか進みません。

そのため、パパ活で奨学金を返すのは今やどの学生にとっても当たり前のことになっています。

多少顔が可愛ければパパ活でお金が稼げると思えば、アルバイトより圧倒的に時給の高いパパ活を始めてもおかしくありません。

親の経済的な問題や、奨学金の返済などの問題を抱えた学生にとって、パパ活はすごく稼げるバイトのひとつと言えます。

罪悪感を感じる必要なんてまったくありません。

【女性の罪悪感】パパ活は夢や目標のためと割り切る

パパ活をやっている女性に話を聞くと多くの学生から「留学のため」という回答があります。

確かに半年も留学した場合100万円くらいかかる場合もありますので、到底親が出せない金額ということなのかもしれません。

こういった夢のためや目標のためにパパ活をするというのは、身勝手な欲望と捉える人も少なからずいます。

しかし、先ほどご説明したように今の日本は20年前のお金持ちだった日本とは状況が違います。

親御さんは昇給しないのが当たり前になっていますし、逆に物価や税金は上がり続けていて生活に余裕がありません。

昔だったら留学したいなら親がぽんとお金を出したものでしたが、今やほとんどの家庭ではそのようなことは不可能です。

そのため、学生が渋々パパ活でお金を稼いで留学するのは全然アリだと思うのです。

もし、こういった夢や目標のためにパパ活でお金を稼ぐことに難色を示す人がいれば、それは大昔日本がまだお金持ちだった頃の夢を見ている人だと思って無視しましょう。

pjさんが罪悪感を抱く必要はありません。

【女性の罪悪感】パパ活はみんながやっているから大丈夫

パパ活をやっていることは仲の良い友達にも相談できませんよね?

そのため、実際に世の中の女性がどのくらいパパ活をやっているかはなかなかわかりません。

もしかしたら私ってかなりのヤバい奴なの?なんて思っている女性も多いようです。

しかし、パパ活アプリ大手のペイターズによる会員数は30万人(2019年)そのうち7割が女性ということは、21万人の女性が登録しているということです!

これってクラスの何人かはパパ活をやっているという数字とも言えますよね。

これはペイターズだけの数字なので、他のパパ活アプリも入れるとその数は相当多くなるはずです。

そうなると、パパ活というのはマイナーなバイトではなく、普通のバイトと同じように女性の間で市民権を得ているということがわかると思います。

パパ活で罪悪感を感じている女性も、みんながやっていると思えば気持ちも楽になりますよね。

実際そのくらいたくさんのpjさんがパパ活デビューしているということです。

【女性の罪悪感】パパが楽しんでくれるから問題ない

あるpjさんとお話したときのことなんですが、「パパ活はアルバイトと思って楽しんでやっている」というお話を聞いたことがあります。

おじさんと食事したりエッチすることが苦ではない女の子も結構いて、なんならおじさんに恋する子もかなりの数います。

こういった子にとって、パパ活は相手を楽しませてあげてお金ももらえる体のいいバイトの感覚です。

普通のアルバイトでも相手のためになることをすればお金になったり、求められる仕事をやればお金になりますがそれと一緒。

それだと風俗と一緒のようですが、パパ活はある意味自営業というのが違います。

アプリを使って自分の力で男性を集めて、気にいった男性の喜ぶことをしてお金をもらうことができます。そういった自由に稼げるという面を楽しんでできるpjさんにとってはパパ活は面白い仕事の一つなのかもしれません。

もしパパ活で罪悪感を感じそうになったらバイトの一つだと思って割り切ってやれるといいですね。

【男性の罪悪感】パパ活でお金に困っている女の子を支援できると割り切る

ここからは男性がパパ活に罪悪感を感じた場合の考え方です。

男性の方の気持ちとしては、お金で女の子を買っているという罪悪感を持つという方が多いようです。

実際私もそんなことを最初のころは感じていました。

しかし、パパ活をはじめて気づいたのは私が渡したお手当を使って女性は美容に力を入れたり脱毛にいったりしてどんどん可愛くなっていくことです。

本来だったらできなかったことも私がお金を渡したことで、彼女たちは同じ年齢の女の子よりいきいきと輝くことができたわけです。

男性が趣味の少ない人も多いですし、中高年になると友達もいなくなるのでお金の使い道がありません。

そんな状況下でパパ活をやっている女の子達を支援することで彼女たちを喜ばせたりキレイにできるというのはとても気持ちが良いものです。

そういう風に考え方を変えてみませんか?

私はパパ活は罪悪感を感じるどころではなく、逆に女の子に素敵なことをしてあげているという意識でやっていますよ。

【男性の罪悪感】パパ活で日本の経済を回している

日本の経済が停滞しているのは高齢化が進んでいるって話ありますよね?

お年寄りがお金を貯め込んで子供や孫のために使わないもんだから、景気が良くないって話です。

同じように独身の中高年男性も結婚していないことでお金を使いません。

私のようなおじさんに家族がいないせいでお金を使わないから景気が良くならないのです。

そのため、私はパパ活でpjさんにお金を払うことは日本の経済にとってとても良いことだと思っています。

私なんかより18歳~25歳くらいの女の子にお金を渡した方が購買意欲が高くがんがん物を買ってくれるので、日本が元気になります。

そういう意味でパパ活は罪悪感を感じるどころかとても良いことをしているというのが私の考え。

パパさん達は自信持って!

パパ活の罪悪感は消し去れる!

ということで、パパ活で罪悪感を感じた場合の考え方についてご紹介しました。

女の子の場合は、後ろめたいものをパパ活に感じている人が多いかもしれませんが、お金が無いのは女の人のせいではありません。

お金が無いのは周りの環境のせいでもあるので、パパ活でおじさんからお金を搾り取るのも良い事だと思うのです笑

おじさんはとにかく女子を支援して経済を回す。楽しいことをしたんだからちょっとお財布が傷むのは我慢ですね笑

ということで、罪悪感など感じることなくこれからもパパ活を続けていきましょう!

パパ活アプリ人気No.1は最大手のペイターズ

パパ活初心者の方なら、パパ活専用サイトのペイターズに登録することをオススメします。

私自身ペイターズでこれまで40人以上マッチングして顔合わせしていますが、会った女性のレベルがかなり高いです。美人・可愛い・ロリ系など様々なタイプの子に会えます。

運営側の24時間365日の監視体制もあって男女ともにまともな人が多くて安心なのもグッド。サクラがいないのもオススメポイントです。

年齢層としては18歳~25歳の女の子が圧倒的に多いです。

パパ活サイトとしては一番の大手サイトなので男女とも初めての人は安心して始められます。
私の経験上では絶対マッチングできます!
男性の場合顔や体型はあまり関係ありません!誠実で約束を守ってお手当をきちんとあげるだけです。

特にパパ活アプリでは男性会員の方が少ないのが一般的です。男性は女性からのオファーが多くて困るくらいだと思いますよ!

男性は以下のボタンでWebから有料会員登録した方が格安で利用できます。アプリ上からの有料会員登録よりもお得です!

【男性1ヶ月プランの場合】
Web10,000円 アプリ10,000円

【男性3ヶ月プランの場合】
Web24,800円 アプリ29,800円
5,000円お得!

男性向け無料登録女性向け無料登録

なお、私の感覚値ですがセックスまでOKしてくれる女性は6割くらいいると思います。

男性も無料で使えますがマッチングするところまで。メッセージのやり取りからは有料に変更する必要があります。
そのため、気に入った子が見つかるまでは無料で探すのもアリです。

メディア取材実績

ペイターズは様々なメディアからの取材実績が豊富で、一般的にもかなり認知されています。

メディア

すぐに会える!ペイターズでパパ活する流れ

登録したら最初は気にいった人にどんどん「いいね」をしてみましょう。
マッチングできたらメッセージで今後のやり取りを打ち合わせるのが一般的です。

いいねを送る

メッセージを送る
メッセージは結構重要です。相手が年下だとしても敬語で話しましょう。
最初はメッセージの中でお互いの条件などを話ながら顔合わせの約束を取り付けます。
メッセージのやり方がわからない方はこちらの記事をご覧ください!
パパ活の募集方法・メッセージのやり方

2人で会う

ペイターズならパパ活をやりたい女性も簡単にマッチングできますよ。
お金に困っているのですぐにお金持ちの男性と繋がりたいという方は登録してみましょう!

男性向け無料登録女性向け無料登録

人気パパ活アプリランキング
  • paters(ペイターズ)

    3人に2人の女性会員が24歳以下と圧倒的に多く若い子とお付き合いできる可能性がかなり高い。24時間365日の監視体制もあって男女ともにまともな人が多くて安心。サクラや業者は今まで見たことがありません。
  • paddy67(パディロクナナ)

    paddy67
    「本日会いたい」で今すぐ会える人を探せる機能があって男女から人気急上昇中! 10代(18歳以上)・20代の、大学生、モデル、芸能関係の若い女性とマッチングできるため、裕福な経営者や医者などから人気。
  • SugarDaddy(シュガーダディ)

    SugarDaddy
    パパ活アプリとしては古くからあり有名。まず最初に登録する人が多いサイトと言われています。会員数が多いためマッチングする可能性が高いです。