体験談 PR

奨学金返済のためにパパ活をする女子大学生JD18歳と顔合わせ・大人セックスしたP活体験談

奨学金返済のためにパパ活をする女子大学生

パパ活(p活)で出会う女の子はだいたいお金に困っているものです。

中でも大学生は奨学金の返済に困っている子が多数で、意外と真面目な子が多いのが実情です。

そういった子とパパ活でお付き合いすると真面目なだけにとても癒されるし、一緒にいてストレスがありません。

今回大人をした体験談、私がパパ活アプリ「ラブアン」で見つけて出会った18歳もそんな奨学金の返済目的のpjさんでした。

確実に体の関係までいけるパパ活アプリ!
【1位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
プロフィールに「積極的」と書かれている子はエッチができる。 素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。
【2位】ペイターズ6割くらいが身体の関係もOK。人気No.1
日本一有名なパパ活アプリ。ガチで可愛い子が多く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
女性会員の登録人数が多く簡単にマッチングするのでオススメ。

【パパ活体験談】奨学金返済に追われる真面目女子大学生と顔合わせ

待ち合わせ場所に現れたのは、小柄で目の大きな女の子。

おじさんにはよくわからないけどアニメが好きそうなそんな雰囲気でした。

まずお話してみて思ったのが、とても真面目な子だということ。

会話の一つ一つがしっかりしているし、ポワンとしてるけど挨拶はきちんと大きな声でするし、店員さんにも挨拶したりする。

これは好印象。

さらにいつものようになぜパパ活をやっているのかみたいな話をしてみると、どうやら一人親らしい。

今年大学に入学したばかりだけど奨学金の返済や一人暮らしにかかる費用は全部自分で出しているというから泣かせる話ですね。

パパ活ではいろんな女の子に会って、騙されたりしたこともあるけど、この子はお話している感じからして信用できるなと思いました。

自分が学生だった頃と比べたらなんてしっかりしてるんだろうと感動すら覚えました。

 

さて、肝心のお顔の方ですが、これはアプリのプロフィール写真よりはやっぱり落ちました。

口元に特徴のある子だったんだけど、アプリでは口元をちょっと隠していて、それが実際に会ってみて始めてわかりました。

とりあえず大人もできるということだったのでそのままラブホテルに直行。

未熟な身体の全身が性感帯で最高

このpjさんの真面目っぷりと清楚な感じと、ラブホテルに躊躇無く直行する姿のギャップが恐ろしくて、これが今時の子なのかな?と思ったり。

とりあえず令和最高!

ラブホはいつも利用する渋谷の○○。

お部屋に入るといきなり「一緒にお風呂にはいりますか?」と突然いわれて、この子パパ活でセックスするのが初めてではないのかな?といぶかしがってみたりしましたが、どうやらTwitterなどでパパ活情報を調べた際、お風呂に一緒に入った方が貴重品を守れるという記述を鵜呑みにしたらしいです。。

それにしても、パパ活ではおじさんといきなりお風呂に入るのを嫌がる子が多いのに不思議なものです。

ちなみに、今回の大学生さんエッチの経験は2回しかないという話でした。

そうなるとほぼほぼ処女ですよね。

さて、肝心のエッチの方ですが、18歳になったばかりという若い肉体がはじけるようで最高でした。

また、感じやすい身体のようでどこを触っても性感帯というエッチ体質。

特に乳首とあそこに唇をやるだけ身体がビクンとなります。

そこで全身をなめ回してたっぷり濡らしたところで、私のものを入れました。

まだあそこが未開発らしく、私のものが最初は痛いようでしたが次第にぬめりと飲み込んでくれました。

膣の中のしまり具合はなんとも言えないくらい最高です。

パパ活をやっていて良かったなと思う瞬間です。

とにかくセックス慣れしていないので、私の指示通りになんでもやってくれます。その代わりフェラが下手くそだったりしますが、それもご愛敬。

これから私好みの女の子に仕立て上げられる醍醐味を感じてワクワクしました。

最後は気持ち良すぎてお互いに大きな声をだしてフィニッシュしました。

「はじめていけたかもしれない」

そんな風に息を弾ませながら言ってくれたのがとても感動でした。

なんだよ青春かよ!

いやーパパ活は最高!18歳は最高です!

性格もいいし、セックスもいいし、定期pjさんになりそうな予感です。

奨学金返済に追われるパパ活大学生は多い

実際のところ、パパ活をしていると奨学金の返済をしたいという女性は多いです。

大学4年間だと、400万円くらい借りている子もいるので、それを社会人になってから毎月返すのは至難の業だと思いますね。

だいたい、30歳くらいまで返し続ける大学生が多いようです。

20代の一番お金を使いたいときに、奨学金の返済でお金がなくなる上に、そういう子はもちろん1人暮らしのことが多いので、生活費でどんどんお金が出ていきます。

気がついたら30歳になっていて、キラキラした青年期を過ごすことができない場合も。

そのため、学生時代から早めにお金を貯めて奨学金の返済に努めているというわけです。

もちろん、彼女達はアルバイトをみっちり入れていますが、それでは全然足りないのでパパ活で男の人と食事だけでなく大人をすることでお金を稼いでいます。

だいたい奨学金を借りているのは毒親の子供だったりします。

この子達がお金を稼ぐためにパパ活を選んでいるのは必然であって、これを関係ない第三者がとやかく言うのはおかしいんじゃないかな?というのが私の考え。

彼女たちも嫌な相手とセックスをすることはないです。なぜならパパ活は風俗と違って相手を選べるから。

いいなと思った男性と身体の関係になって、ご飯も食べたりして楽しく活動している大学生も多いです。

私は、これからもこういった奨学金の返済にあえぐ女性に限らず、訳あって貧困に陥りそうな若い女の子を助けるためにパパ活をしていこうと考えています。