マニュアル PR

パパ活の大人3万円が相場と言えるわけ

3万円

パパ活で大人をするときの相場は3万円くらいと言われています。

では、なぜ3万円が相場になっているのか、そのあたりを実際にパパ活で大人をしている私が解説してみます。

確実に体の関係までいけるパパ活アプリ!
【1位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
プロフィールに「積極的」と書かれている子はエッチができる。 素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。
【2位】ペイターズ6割くらいが身体の関係もOK。人気No.1
日本一有名なパパ活アプリ。ガチで可愛い子が多く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
女性会員の登録人数が多く簡単にマッチングするのでオススメ。

パパ活アプリで大人3が相場になっているわけ

大人が3万円になっているのにはいろいろな理由があります。

もちろんそれより安い方が相場だと思っている方もいるし、それより上だと考えている方がいるのも承知の上で、3万円が私の体感的な相場となっています。

3万円を提示すると約7割は承諾してくれる

まず、パパ活アプリで女の子とやり取りをしますが、私もすでに100名以上の女性と会っています。

そこで必ず大人の値段について交渉するのですが、最初に伝えるのは3万円です。

不細工とは大人をしないことに決めているので、普通より可愛い子に3万円を打診します。

この3万という金額に承諾してくれる女の子の割合はだいたい7割だったので、多くの女性が3万円というところを相場として考えているのが伺えます。

ただ、私がおじさんの割には清潔感があるのも重要なポイントだと思います。

見た目はおじさんだけど清潔感があるから大人3でもいいか、と考える女の子は多そうです。

私がもし相当な不細工で気持ち悪いおじさんだったら4万円いや5万円を提示する必要があるかもしれません。

パパ活で大人をする方法・流れ

ソープランドの値段が基準になっている

そもそも、パパ活で大人をするという時に男性がなぜ3万円にこだわっているかというと、それは風俗との比較があるのだと思います。

風俗に行ってセックスすることもできますので、その金額より高いか安いかというのを考えているのです。

こちらにソープランドのだいたいの金額を書いておきます。

あくまで首都圏の価格です。地方はもっと安いです。

格安店15,000円
大衆店30,000円
中級店45,000円
高級店70,000円

このように金額が分かれていますが、男性の頭の中にはこの数字があるのです。

一番安いお店でも15,000円でそれなりの子とセックスができます。

そうなると、安い風俗にいる子よりちょっと可愛い容姿の子とセックスするなら2万か3万円くらい出せばいいかなと考えるわけです。

しかも、パパ活では男性がホテル代も払うため、実際には35,000円くらいにはなります。

そう考えると3万円は男性からすると安くはない金額となるのです。

その上、パパ活でセックスをする子はテクニックも全然ないですし、男性を満足させられる可能性はあまりありません。

そこで、どちからというと男性が攻めるということが多いと思います。そうなると3万円に女性の技術料は入ってないので、男性からすると大人で3万円も出せば十分という考えになるのです。

大人3の基準は普通より可愛い容姿

ちなみに、大人で3がもらえるのは普通より可愛い容姿を持っていないと無理です。

その上にスタイルが良い子も多いので、普通の容姿でぽっちゃりだったりするとまったくパパ活では需要がないのです。

ただ、男性が不細工でデブだったりすると、力関係的に女性の方が有利になったりするため3万円でも大人をしてくれない女性は大勢います。

そのため、可愛い女の子とセックスをしたかったら、男性も自分自身を磨くか、相場より高い金額を出す心構えが必要なのです。

18歳~20歳は価値が高い

そもそもパパ活をしている男性の多くは若い子とセックスしたいと考えています。

そのため、20歳前後の女性は需要があります。

パパ活アプリでも若いだけで人気が出やすいです。

多少会話がつたなかったり、少し容姿が劣っていても若いから少し多めに出してもいいか、と考える男性は多いです。

逆に25歳を超えると、肌の張りが落ちる女性が多かったり、顔に小じわが増えてきたり、ほうれい線が目立ってきます。

そのため、いくらキレイな女性でも若い頃のお手当をもらえない可能性は高いです。

お手当の相場は女性全員が等しくもらえるものではなく、若い子が上げて、アラサーの女性が下げて、全体として相場が形成されていると考えましょう。

大人3が通用しない地域もある

なおパパ活のお手当にももちろん地域性があります。

東京はお金持ちも多いし、レベルの高い女性も多いため大人のお手当も上がりがちです。

しかし、地方ではパパ活をしていること自体が珍しいような場所もありますよね。

そうなるとお手当の金額も全然違ってきます。

相対的に地方の人達の方が都会より年収が低いため、パパ活でもらえる大人の値段も低くなるのです。

私は納得できる相手なら3以上でもいいと思っている

ここまで大人3が相場の理由について話てきましたが、結局は会ってみて3以上払ってもいいなと思う女性なら私もお手当を高く出しています。

パパ活も需給関係があって、若くて可愛くて性格が良く大人ができる子は貴重です。

そのため、多くのパパさんが群がって金額をつり上げるのが普通です。

つまり、モテる女の子は相場などは関係なく、大人3以上を確実にもらえるのです。

なので、自分で可愛くてスタイルもいいからモテると自信がある子は、自分から大人3を言わなくても勝手に3以上もらえます。

私もこれまでに大人で4とか5を出した女性はたくさんいます。

それは、他の男性に取られたくないと思えるような子だったからです。

大人3万円が相場になっているパパ活アプリ

ラブアン

パパ活ができるアプリはたくさんありますが、実際に相場が大人3に落ち着いているアプリは大多数の男性が使っていて金額が平均化されていることが特徴です。

私がよく使っているのはこちらの2つです。

ラブアン

ペイターズ

両方とも会員数が多くメジャーなパパ活アプリで、返信率も高いです。

最初は無料なので、どんな女性が登録しているかチェックしてみてください。

女性がパパ活で大人3万円もらうための方法

次に女性がパパ活で大人3をもらえるための方法について考えてみたいと思います。

まず、先ほどお話したように誰が見ても可愛くてスタイルも良い子は無条件で大人3以上がもらえるはずなので読み飛ばしてください。

大人3ももらえない女性というのは、まず男性から見てお金を出す程の魅力が無いと思われている可能性が高いです。

まあ、2万なら何とか出してもいいかというレベルです。

そのため、大人3以上をもらうために何を変えなければなりません。

美容に力を入れる

当たり前の話ですが、今の容姿で大人3がもらえないなら、容姿を改善するしかありません。

私が顔合わせで会った女性の中にも、芋臭い子が結構いました。

ただ、素材は悪くないので、化粧を勉強したり自信を付ければそれなりに見えるのになと残念だったことがあります。

自分で美容を勉強するのは限界があるので、友だちなど第三者に見てもらって何が足りないかを相談するのもアリですね。

また、目元だけでも整形している子はパパ活界隈でも大勢います。

二重の手術やヒアルロン酸の注入は、特に都会の女の子の中では化粧と同じレベルでみんなやっています。

ビジネスでもそうですが、お金を稼ぐためにはまず自分自身や会社に投資しないといけません。パパ活も同様に自分自身の身体に投資しないで、お金を稼ぐのは難しいです。

ダイエット

お金をかけずに素敵になるのはダイエットが一番効率がいいです。

もちろん、女性は男性より太りやすいのは仕方ないです。しかし、可愛い子ほど一生懸命ダイエットして、不細工な子ほどダイエットが続かないのは、よく聞く話です。

結局は本人の意識の差なんだと思うのです。

私がパパ活で会う女の子も、ほとんどは細身の子達です。彼女達は自分自身の価値が高いことを知っているので、ダイエットすることでお金を稼げることや、男性を引きつけられることをよくわかっています。

こういう子達は一度大人で3をもらえると欲が出るので、もっとダイエットにせいを出して大人4をもらったりします。

接触回数を増やす

男性は常に会っている子や、常にLINEをくれる子に情を抱きやすいです。

そのため、まずできるだけ会う回数を増やします。大人をしないときも食事だけでもいいので誘ってみましょう。

できたら週に1回は会いたいところです。

男性もモテる人は常にたくさんのパパ活女子からアプローチされています。

常に連絡を取っている子とそうでない子に差をつけるものです。

また、会っていない時も毎日LINEをすることは重要です。

男性は会社で気を張って仕事をしている人も多いので、LINEで励まされたりするとかなり嬉しいです。

とにかく男性を落とすには接触回数を意識しておきましょう。

メッセージで交渉し過ぎない

メッセージの段階で大人の金額を確定したがる女の子は多いです。

しかし、男性側の気持ちを考えると、まだ会ってもいない女の子に値段は付けづらいです。

そのため、実際に顔合わせで会ってから値段を決めてもらったり、こちらからそれとなくアピールしましょう。

男性側も、容姿的に大人3を出すほどでもないかなと思う相手でも、実際に若い女性を目の前にすると「大人3でもいいや」と思うものです。

そして、早めに大人ができることを伝えましょう。

男性側も相手が美人ならじっくり攻めるかと考えますが、不細工なら早めに3を渡してセックスしてみようと雑に扱うものです。

これが嫌なら容姿が劣る子がパパ活で稼ぐのは難しいです。

できたら、2回目のデートで大人ができるのがベストです。それ以上引っ張ると、男性も飽きてきますし、他に可愛い女性がアプローチしてきて取られる可能性が高まります。

まとめ

ということで、今回はパパ活の大人3が相場となっている件について解説しました。

大人3でやっている子は多いし、実際男性側が出すお手当も3万が中央値だと思います。

しかし、実際には大人1.5でやっている子もいたり、大人を10でやっている子もいます。

結局は男女の関係なので、どこに需要があるかはわかりません。

お互いがストレスなく会って、そこそこ満足できるお手当をもらえる相手を見つけるのがとても重要なんですよね。

相場はあくまで目安であって、それが絶対ではないということは覚えておきましょう。