パパ活マニュアル

性病かも・・パパ活で気をつけたい病気

性病にかかった女性

若い女性とのデートを楽しむためにパパ活をしている男性は意外にも大勢います。

しかし、パパ活には病気になるリスクが伴うことをご存じでしたか?

今回は、パパ活をする上で気を付けなければいけない病気についてご紹介します。これからパパ活をする予定がある男性は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

確実に体の関係までいけるパパ活サイト!
【1位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
他のサイトでは「大人」(セックス希望の意味)という文字が自動消去されるがこのサイトは表示される。
素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。
【2位】ペイターズ6割くらいが大人の関係もOK。No.1P活アプリ
日本一有名なパパ活アプリ。女性のレベルが高く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
【3位】シュガーダディ女性会員が多くてマッチしやすい
パパ活サイトとして最も古くからあるため知名度が高い。高年収の男性が多く登録していることでも人気。

パパ活に肉体関係はあるのか?

パパ活とは、経済的に余裕のある男性とデートをした対価としてお金をもらうことを言います。

売春や風俗とは異なり、基本的に肉体関係を持たないというのが表だった言い方ですが、実際にはそのほとんどは性行為を含んでいます。

私がパパ活アプリで100人以上とあった感じでは、6割以上の女性はセックスを前提としてパパ活をしています。

「では援助交際ではないのか?」という疑問が生まれるかもしれませんが、双方には明確な違いがあります。

援助交際とパパ活の大きな違いは、性行為があることを前提としているかどうかです。

援助交際はお金と引き換えに性行為をしますが、パパ活は自然な流れで性行為に及びます。

自由恋愛の一環であるため、男性が女性に渡すお金はあくまでも一緒に過ごした時間の対価なのです。

ここで気になるのは、法律的に問題はないのかという点です。

結論からと言うと、性行為を含むパパ活をしていたとしても、処罰されることはありません。

しかし、相手の女性が18歳未満だった場合、男性は青少年健全育成条例違反で処罰が下されます。

パパ活を始めようと考えている男性は、必ず相手の年齢を確認しておくようにしましょう。

その際、自身の年齢を証明できる運転免許証や健康保険証などを提示してもらうようにしてください。

近年、年齢を偽装するといった事例が多発しているため、正しい情報を確認しておくことが極めて重要です。

「知らなかった」で済む話ではありません。

性行為を含むパパ活では、気を付けなければいけないことがたくさんあります。

法に触れることはもちろんですが、自身が病気に感染してしまうリスクがあるため注意しなければいけません。

相手の女性は他にも複数人の男性と会っている可能性があります。

その場合、他のパパ活相手の男性から性病を移されてしまう恐れがあるということを覚えておきましょう。

パパ活で気を付けたい病気

肉体関係を持っていないのであれば病気に感染するリスクはありませんが、性行為を含むパパ活をしている場合、感染のリスクがあることを覚えておきましょう。

ここでは、パパ活を始める上で気を付けたい病気についてご紹介します。

・クラミジア

一般的に、潜伏期間1~3週間で発症し、症状としては下腹部痛や排尿痛があらわれます。

女性の場合は、おりものが増えるといった症状も見られます。

しかし、クラミジアは淋病などとは違い、症状がほとんどあらわれないため、感染していることに気づかない人もたくさんいるようです。

中には、全く症状があらわれない人もいます。

クラミジアは尿道や肛門、膣だけではなく、喉に感染する場合があります。

喉に感染するクラミジアを「咽頭クラミジア」と言い、最も発症率が高い性病とされています。

咽頭クラミジアは比較的症状があらわれやすいため、喉に違和感を覚えるようなことがあれば、すぐに受診するのがおすすめです。

自覚症状がない場合、気づかないうちに周りへ性病を広めている可能性があるため、注意しなければいけません。

・梅毒

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が粘膜に感染することで発症します。

3週間の潜伏期間を経た後、経過段階によって様々な症状が発生します。

発症してから3週間の初期症状は、性器や肛門、口などに腫れ物ができる程度ですが、3ヶ月以上経つと手のひらや足裏、体に赤い発疹があらわれるようになります。

そしてさらに経過すると、赤い発疹は全身へと広がり、炎症を起こすなど重篤化してしまうのです。

初期段階で治療すれば問題ありませんが、放っておくと恐ろしい事態を招く可能性もあります。

最悪の場合、皮膚や筋肉、骨、臓器に腫瘍が発生するため、パパ活でセックスをして梅毒の症状が見られる人は早急に対処しましょう。

・エイズ(HIV)

未だに完治できない病気として存在しているため、エイズ感染を恐れる人も多いはずです。

HIV感染を放っておくと次第に免疫力が弱まっていき、エイズを引き起こしてしまいます。

エイズは長い潜伏期間を経て、体を蝕んでいくのです。

現在、完治させる方法はないものの、症状を遅らせたり、発症を防いだりする技術があります。

万が一、エイズに感染してしまった場合は早急に病院で受診しましょう。

・性器マイコプラズマ

1~5週間の潜伏期間を経て、尿道の違和感や排尿痛、性器の痒み・膿などの症状があらわれます。

性器マイコプラズマは完治しにくいため、早めに治療することが重要です。

 

この他にも、パパ活をする上で気を付けなければいけない病気はたくさんあります。

初期段階で気づくことができればすぐに対処できますが、症状があらわれなかった場合、発症してから時間が経ち、重篤化してしまう可能性があります。

そうならないためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

性病を防ぐためには

上述した性病に感染することを防ぐためには、しっかり避妊具を装着しましょう。

自分自身のためにも相手のためにも備えておくことが欠かせません。

しかし、感染リスクはゼロではないため、避妊具を装着していたとしても性病に感染するリスクはあります。

また、性病は性器や肛門、口腔などの粘膜から感染する可能性があります。

避妊具を使用していても油断はできないのです。

感染するリスクをゼロにしたいのであれば、性行為を一切行わないことを徹底する必要があります。

粘膜接触を避けることが重要であることを覚えておきましょう。

まとめ

今回は、パパ活で気を付けたい性病や病気についてご紹介しました。

様々な病気がありますが、感染するのを防ぐためには性行為を含むパパ活をやめるのが望ましいと言えます。

初めから肉体関係を持たなければ感染する恐れもないため、このような選択は効果的です。

でもセックス抜きのパパ活なんて無理ですよね・・

なので、

・絶対にコンドームをつけること。

・お相手はお互い一人にすること。

・定期的に性病検査をすること。

などが必要です。

複数の相手がいる私が言うのもおかしいですが、病気が気になる人は対策しておきましょう。

必ず大人ができる日本一人気のあるパパ活サイト

ラブアン記事下画像パパ活初心者の方なら、まずは大手パパ活専用サイトの「ラブアン」に登録することをオススメします。

私自身ラブアンでこれまで100人以上マッチングして顔合わせしていますが、会った女性のレベルがかなり高いです。
学生、OL、元アイドル、モデルなど選びたい放題。しかも美人・可愛い・ロリ系など様々なタイプの子に会えます。

6割以上が大人の関係(セックス)もOKです!

運営側の24時間365日の監視体制もあって男女ともにまともな人が多くて安心なのもグッド。サクラがいないのもオススメポイントです。

年齢層としては18歳~30歳までの女の子が圧倒的に多いです。

パパ活サイトとしては一番の大手サイトなので男女とも初めての人は安心して始められます。
・私の経験では100%絶対マッチングできます!
・男性の場合顔や体型はあまり関係ありません!
・誠実で約束を守ってお手当をきちんとあげるだけでエッチできます。

パパ活サイトは男性会員の方が少ないです。男性は女性からのオファーが多くて困るくらいだと思いますよ!

男性無料登録女性無料登録

応援クリックお願いします
↓↓↓ にほんブログ村 恋愛ブログ パパ活へ
人気パパ活アプリランキング
  • paters(ペイターズ)

    ペイターズ
    6割以上が大人の関係もOK。No.1P活アプリ。
    日本一有名なパパ活サイト。女性のレベルが高く、18歳~30歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。地下アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
  • ラブアン

    Love&(ラブアン)
    女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい。
    他のサイトではセックス希望の隠語「大人」という文字が自動消去されるがこのサイトは表示される。 女性が動画でアピールしてくれるので、男性側が写真詐欺にあうことが少ない人気のパパ活サイト!
  • SugarDaddy

    SugarDaddy
    女性会員が多くてマッチしやすい
    パパ活サイトとして最も古くからあるため知名度が高い。高年収の男性が多く登録していることでも人気。