マニュアル PR

顔合わせで交通費をもらう方法

パパ活の顔合わせで交通費が欲しい女性

パパ活(p活)で最初の顔合わせの際には、男性が指定した場所に女性が行くのが普通です。

でもその場所ってだいたいパパ側が行きやすい場所にあります。パパは仕事をしていて忙しかったりお手当を払う立場だから仕方ない面はありますよね。

でも、女性の住まいから遠くの待ち合わせの場合って交通費ほしくないですか?

今日はパパ活の顔合わせで交通費がもらえる方法ついて解説します。

確実に体の関係までいけるパパ活アプリ!
【1位】ペイターズ6割くらいが身体の関係もOK。人気No.1
日本一有名なパパ活アプリ。ガチで可愛い子が多く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
女性会員の登録人数が多く簡単にマッチングするのでオススメ。
【2位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
プロフィールに「積極的」と書かれている子はエッチができる。 素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。

パパ活の顔合わせで交通費を求めるとパパから嫌がられる

パパ側の考え方を先にお伝えしておくと、顔合わせの時に交通費を求められると萎えます。

交通費をもらいたい女性側の気持ちもわからないではないです。

しかし、交通費くださいと言った時点でバイトみたいに考えてるの?と男性側はがっかりしてしまいます。

疑似恋愛とはいえ、お付き合いして深い仲になる可能性もあるp活相手に交通費みたいなビジネス感ある請求をするのはナンセンスです。

男性はロマンチストでもあるので、ちょっとでも女性側のお金ほしいマインドが見えると萎えてしまうのです。

そこはうまく誤魔化しましょうよ。

どんなことにも共通しますが、先々大きなお金を得ようと思ったら最初はちょっと損することもいとわない、これが成功法則です。

ちょこちょこ損を積み重ねるとそれは徳になって男性に伝わります。

「いつも悪いな」と男性に思わせられればそのうちお手当も上がって行きます。

はじめましての顔合わせで相手のことが好きかどうかもわからないのに交通費を払いたくない男性の気持ちも知っておきましょう。

パパ活 p活の顔合わせって何するの?当日の流れと会話の内容・時間・お手当

顔合わせで交通費がもらえるケース

ただ、顔合わせで交通費がもらえる場合もあります。

それは2つあります。

高校生のパパ活は交通費をもらえる

ひとつは高校生だからそもそもお金をもってない場合です。

高校生のパパ活といえばTwitterで固ツイにほしいお金の条件を書くことが一般的です。

だいたい1時間5千円くらいでおじさんと食事をしたりします。そこに交通費をプラスすることは問題ない範囲だと思います。

特に顔合わせの場所が遠い場合は交通費を男性にお願いしても許されると思いますよ。

ただし、その場合も可愛く交通費をお願いしないと逆効果です。

また、いくら交通費がもらえるといっても1,000円以上を請求するのはおかしいです。

たとえば東京都内で活動するにしても、往復で1,000円なんて絶対かからないのはパパもわかっています。

なお、大学生はパパ活アプリ「Loveアン」などを使って活動するのが普通ですよね。

アプリ内のメッセージで「交通費を欲しい」と書いていると貧乏人にしか見えないのでマイナスイメージしかありません。

そのため、大学生で交通費を請求するのはちょっと無理があります。大学生は定期券を持っている場合もありますし、なによりバイトできる年齢です。

そのため「交通費くらいは自分でだしてよ」、と考えるパパが多いと思っておいた方がいいでしょう。

遠方から顔合わせに来る場合

たとえば、東京の新宿で顔合わせがあるとします。

女性は栃木県宇都宮市から電車に乗ってくるとします。宇都宮から東京に遊びにくるのはないこともないので、パパ活で遠征する女性はいます。

ただ、これくらい離れている場合は大学生だろうがOLだろうが交通費を出してあげたいですね。

男性もわざわざ宇都宮から新宿に来てほしいほど会いたい女性のはずです。それほどの女性なら多少の交通費を出しても痛くはないはずです。

こういった交通費をケチると男性側もイメージダウンです。

最初から女性に好印象を持ってもらうなら男性もドンと支払う心の広さがほしいところです。

そもそも顔合わせではお手当を出さずに交通費だけ出す男性も多い

パパ活をはじめたばかりの女性の多くが勘違いしている点のひとつとして、顔合わせからお手当がもらえると思っているところです。

どうやら友達の入れ知恵や、パパ活女子の嘘サイトに騙されているのだと思います。

顔合わせで1万円もらって、それを月に何回も繰り返せば10万円くらい軽いみたいな情報を発信している女の人がいるせいだと思いますね。

でもそのように顔合わせからお手当を要求して男性を騙しながらお金を稼ぐのは詐欺と一緒です。

いつか逆上した男性から危険な目に合わせられることもゼロではないでしょう。

 

顔合わせは顔も性格もよくわからない男女が出会ってお話をする場です。

就職の面接みたいなものですよ。

もしくはお見合い?

お互い写真と違う人が来ることも珍しくないですし、話してみたら性格が最悪だったなんてことはかなりの確率であります。

そのため、顔合わせからお手当を出してくれる男性は少数です。

パパ活では男性側もいくらでも女性に会えるのに、わざわざ顔合わせでお手当を出す意味がないですよね。

お手当を出してくれるとしても、高齢で不細工なおじさんで顔合わせからお金を出さないとあってもらえないような男性です。

見た目がよくて普通の男性はたくさんの女性と顔合わせをするチャンスがあるため、顔合わせのたびにお手当を払っていたら大変ですよね。

なので、顔合わせではお手当ではなく、交通費くらいを渡すのが普通だと思っておきましょう。

交通費もくれる男性の見つけ方

私もパパ活でいろいろな女性に会ってきましたので、彼女たちからどんな男性と会ったかはたくさん聞いています。

その中で、お手当にプラスして交通費をくれた男性はどんな人だったか聞いたことがありました。

一番多かったのは非モテの男性です。

非モテの男性はパパ活アプリでもモテないので、顔合わせしてくれる女性もあまりいないです。

そのため、顔合わせしてくれる女性は何としても会いたいから交通費もプラスしてくれるのです。

ちなみに非モテの男性とは、話がかみ合わなかったり、不細工やデブだったり、ザおじさんといった風貌の男性です。

こうした女性から見たら絶対なしだなと思うような男性をあえて狙えば交通費を出してくれるかもしれません。

しかし、そんな一緒にいて楽しくない男性と会って本当にパパ活が楽しくやれるのでしょうか?

私は疑問です。

パパ活は何よりも毎月少額でもいいから必ずお金をくれる真面目な男性を見つける人が一番稼いでいます。

そのため、一度会って無理な不細工男性を捕まえても、2度目にデートするのは苦しいので会わなくなり結局稼げなくなります。

そういったことから、顔合わせではできるだけモテる男性を探して会うことがオススメです。

そういった男性はモテるので交通費なんてくれるはずもありませんが、それでも相性がよければずっと会ってくれるし会うのが楽しいので、長期的に見ると稼げます。

まとめ

ということで、今回はパパ活の顔合わせで交通費が出るかどうかについて解説しました。

簡単に言えば、本当にお金に困っているPJさんには交通費を出せるけど、バイトや仕事である程度稼げるなら交通費はお手当に込みですよ、というのがパパさんの考えだと思います。

高校生と超遠距離から来る方は交通費有り、それ以外は交通費さえもらえないか、交通費程度のお手当がもらえるということで。

なお、交通費くらいケチらずに確実に出してくれるのは交際クラブのパパの方が多いです。

交際クラブは年収1,000万円以上の男性が多く登録しているため、太いパパを紹介してもらえるはず。

交際クラブなら最大手の「ユニバース倶楽部」の一択です。
現在面談に行くだけで最高3万円がもらえます。容姿は問われません。

気になる方は登録してみてください。