マニュアル PR

コロナ禍のパパ活お手当相場を検証してみた

お手当相場

コロナウィルスの感染者は増えたり減ったりしていますが、私の見立てでは感染者が増えても緊急事態宣言はもう無いと思っています。

コロナの感染者で亡くなる人より他の病気で亡くなる人の方が現状は圧倒的に多いからです。

また経済を動かさないと会社の倒産や飲食店の閉店もどんどん増えるはず。

そのため、私はコロナには気をつけつつ大丈夫だよって女性とは積極的に会っていく事にしています。

その中でパパ活相場もだいぶ下がってきた感がするので、今日はそのあたりを検証してみたいと思います。

確実に体の関係までいけるパパ活アプリ!
【1位】ペイターズ6割くらいが身体の関係もOK。人気No.1
日本一有名なパパ活アプリ。ガチで可愛い子が多く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
女性会員の登録人数が多く簡単にマッチングするのでオススメ。
【2位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
プロフィールに「積極的」と書かれている子はエッチができる。 素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。

モテる女の子のパパ活相場はコロナでも依然として高い

まずパパ活でモテる女の子の特徴として次のようなものがあると個人的に考えています。

  • 可愛い
  • 素直
  • 愛想がいい
  • お金に固執しない

まあ、こういうのがおじさん目線からみて一緒にいて楽しい子です。

女の人はお手当が安ければ男の人は会ってくれると思っています。

しかし、まともなパパからするとお手当の金額よりも上記のような特徴をもった一緒にいて楽しい子と会いたいのです。

お金はその次。

そもそもパパ活は男性と女性がお付き合いして楽しむのが基本です。

楽しむの中には食事もあればエッチもありますが、それは意外と人それぞれです。

食事だけでも楽しめる人も中にはいますし、エッチだけの方が楽しい人もいたりします。

なのでパパ活に何かの形を当てはめること自体が間違っていると思っていて、とにかくパパが「楽しい」と感じればお手当は自然と上がってくるのです。

そのため、上記のような可愛くて性格も良い子はコロナ禍でも相場は変わっていません。

一番良くないのは「コロナでバイトが休みになったのでお手当上げて下さい!」みたいに直接パパに言うことです。

良いパパはバイトが無くなって苦しくなっているのを察してお手当を上げてくれたり、会う回数を増やしてくれたりします。

なので直接金額を上げてほしいと言われると途端に冷めてしまいます。

女性の皆さんは気をつけましょう。

パパ活アプリでは女の子の登録が増えたが質の悪い子も増えてきた

さて、コロナウィルスの蔓延で一時期はパパ活を控えていた女性達も6月になってどんどんパパ活市場に戻ってきました。

と同時にアルバイトをクビになったりお休みになった女の子が多数アプリに登録するようになりました。

で、どうなったかというと一気に女の子の質が落ちました。

以前は可愛い子や美人の子が多かった印象ですが、コロナ後は普通の子や申し訳ないけど不細工な子、さらには40代以上のおば様も参入してきました。

とにかくパパ活専門サイト「Loveアン」なども普通の出会い系アプリに近くなっているのです。

パパ活はお金に余裕のある男性が可愛くて美しい女性に声をかけて遊ぶ場です。

その前提条件がだいぶ崩れてしまったなというの感想なのです。

しかもコロナウィルスのせいで経済が止まって以前のように羽振りの良い男性が減りました。

その結果、特に可愛くもなく特徴のない子がアプリに増えた上に男性会員は逆に少なくなり女性側は稼ぎづらくなっているのです。

コロナ禍でお手当相場の2極化が始まっている

そのようなパパ活市場の中で、お手当の相場は2極化が進んでいると思われます。

以前だったら大人で5もらっていたようなそこそこレベルの高い子が自分から4を提示してきたりします。

交渉すると3まで落ちることも珍しくありません。

しかし、先ほどもお話したようにすごく人気のある子に関しては特に相場は変わっていないように思います。

人気のある子はコロナのような状況でも男性から臨まれているんだなというのが印象です。

以下が私のコロナにおけるパパ活相場の印象です。

【コロナ禍における東京のパパ活相場感】

大人:5 → 3

食事:2 → 1

もちろん、これより多くもらっている人もいますし、これより少なくもらっている人もいます。

東京で50人以上pjさんと会っている私の相場感なので間違ってはないと思いますが、地方都市だとまた違うと思います。

まとめ

ということでコロナウィルスの感染者が増える中、パパ活市場における新たな相場感について私なりにまとめてみました。

相場でディスカウントが始まっているため、男性にとってはパパ活を始めやすい環境になっているのかなと思います。

ただ、お願いしたいのはパパ活で困っている女の子から搾取するのではなく、困っている女の子をいつも以上に支援してあげる気持ちのある方に参入してほしいということです。

あくまでパパ活も男女のお付き合いに変わりは無いのですから。。