日記 PR

パパ活アプリのメッセージが誠実だからといって可愛いとは限らない

不細工なパパ活女子

パパ活アプリで会う前にメッセージのやり取りをしていると、非常に誠実な女性に出会うことがあります。

また、メッセージで話をしてみると話のテンポも合うし、これはすごい相性がピッタリだ!と思うわけです。

めちゃくちゃ期待値があがると同時に、なぜか頭の中でこの女性はすごく可愛いに違いないという脳内変換が行われます。

いい人=可愛い人

こんな風に思ってしまうのです。

しかし、これは大間違いです。

実際に待ち合わせ場所に行って本人に会うと、60%の確率で容姿が普通以下の女性だったりします。。

容姿が普通以下だからこそ、性格美人になろうと頑張っているタイプなのかもしれません。。

もちろんパパ活アプリの中で写真の交換をしておけばいいのですが、写真をくれない人も結構います。

また、私の戦略として写真をプロフィールに掲載していない女性に奥ゆかしい美人が潜んでいるというのがあります。

アプリで若い子が顔面を晒すというのはいろいろな意味でリスキーですよね。

それを堂々とやってしまう時点で、やばい女の人や業者の可能性があると考えているからです。

実際に写真のない女性に突撃したことがありますが、60%以上の確率で可愛い子にあたりました。

もちろんメッセージ上で顔の雰囲気は教えてもらいますけど。

ただ、これは私の戦略で、他の人がうまくいくとは限らないです。

 

そんな感じで、メッセージが丁寧な人はいい人、写真がない人は美人という私の謎ルールがあって、うまくはまれば良い子にめぐり会えるのですが、はまらないとすごいブスで性格の悪い子にあたったりします。

それにしても、メッセージが丁寧なのは不細工でも美人でも重要です。

手紙にはその人が現れるといいますが、アプリでも同じです。性格の良い人は何か文面ににじみ出るものがあるからです。

結局はピンポイントで性格も良くて可愛い子を当てるのは難しいから、数を打つしかないのは変わらないです。

なんとなくとりとめのない話になりましたが、私も毎回試行錯誤です。

今日も無駄になるかもしれない顔合わせに5千円を握りしめて向かいます。