体験記 PR

23歳病院の受付スタッフがパパ活で見せた激しいセックスに溺れる話

受付スタッフ

今回のパパ活女子は23歳で病院の受付スタッフ。

23歳というと大学を卒業して1年目の社会人です。

普通は大学で2,3人の男性とのセックス経験があるため、パパ活(p活)においても大人のセックスが楽しめます。

その上、肌の質感やハリはまだ10代と変わらない子も多く、パパ活で大人を楽しむためにはオススメの年齢。

今日はそんな23歳の病院受付スタッフ「のんちゃん(仮名)」とパパ活でセックスをした体験談です。

確実に体の関係までいけるパパ活アプリ!
【1位】ペイターズ6割くらいが身体の関係もOK。人気No.1
日本一有名なパパ活アプリ。ガチで可愛い子が多く、18歳~25歳くらいの高校生・大学生・社会人が中心。アイドル・モデル・芸能関係の女性も多数登録。
女性会員の登録人数が多く簡単にマッチングするのでオススメ。
【2位】ラブアン女性側のセックス希望が明確になっていてわかりやすい
プロフィールに「積極的」と書かれている子はエッチができる。 素人の可愛い子とサクッとエッチするだけなら最も簡単に見つかるサイト。
私もこのサイトで40人以上とセックスをしているためオススメできます。

パパ活サイトで会ったのはスレンダーで可愛い23歳

いつものようにパパ活サイト「Loveアン」でマッチングしたのは、23歳新卒の受付スタッフの女性でした。

身長154センチ体重40キロ。スレンダーなボディが魅力で笑顔が可愛いです。

名前をのんちゃんと言います。

普通パパ活サイトでは喫茶点などで初回顔合わせをするのが普通です。

いきなりその日にセックスをすることは男性としては嬉しいですが、変な女性や業者もいるため避けたいところ。

しかし、こののんちゃん本当にお金がすぐに必要ということで、待ち合わせをしてそのままホテルに行きたいとのご要望でした。

写真を数枚送ってもらうと、なかなかに可愛い。写真の加工もされていないし、信じるしかないなと思い始めました。

ちょうど定期さんたちのスケジュールが合わず、予定が空いていたこともあり一度会ってみることにしました。

待ち合わせ場所は渋谷109。そこにやってきたのはちょっと服装は芋っぽいけど、写真通りの可愛い女性でした。

ホテルの道すがら話を聞いてみると、のんちゃんはとある大病院で受付の仕事をしていると。

しかしコロナで来客数が減ったこともあり仕事が減っているから、お金が厳しいということでした。

その病院には派遣社員としては入っているため、シフトが減らされると収入に直結するということでした。

パパ活をするのはもちろん、知らない人といきなりセックスをするのも初めてということで緊張感がこちらにも伝わってきます。

「何でもできますが痛いことだけはやめてください」と一言釘を刺されました。

いつも思うことだけど、知らない男性といきなり会って大人をする女性の恐ろしさというのは計り知れない。

たとえお金のためとはいえ、自分が23歳の若い女性だったらできるだろうか?

きっとできないで尻込みするだろうな。

でも、のんちゃんはその恐ろしさを超えて会いに来てくれました。その勇気に感謝しつつできるだけ気持ち良くなれるようエッチしたいなと思いました。

香水の匂いが甘くてすぐにセックスしたい衝動にかられます。

セックスが大好きで獣のように身体を求める

円山町のラブホテルに入るとお互い恥ずかしさが増してきたのか、とりあえずもっと会話しようということになりました。

ソファに座って華奢な身体を眺めながら、もう少し深い話などをしました。

オープンマインドの子だったせいか、個人情報に関するようなこともたくさん話してくれて、きっと普段の生活では友達も多く充実しているんだろなというのを伺わせました。

こんな普通の子が不景気のせいで、私のような50代のおじさんといきなりセックスしなければいけないこの社会は少しおかしいのかもしれません。

しかし、パパ活をやっている中高年男性からしたらこれほど嬉しいことはないですよね。

そんな社会のひずみとお金の力で若くて美しい普通の女性を抱けるパパ活は本当に素晴らしいです。

さて、念入りにシャワーを浴びた彼女がバスローブを着て部屋に戻ってきました。

でもバスローブの下にキャミソールと下着を着けています。

どうしたのかと聞くと、男の人に下着を剥ぎ取られるのが好き、と。

セックスに臆病なのかと思いきや、エッチに対する自分の主張を持っていて、これはちょっと期待できるかもなと思いながらベッドに誘いました。

バスローブをはぎとるとスレンダーな体型が目に飛び込んできました。

痩せているし胸はBカップくらい。おせじにもセクシーとはいえない体型でしたが、若さ故のはち切れそうな肌のはりが触れてみるとよくわかります。

とりあえずキスです。

最初は恐る恐るで小動物と唇を合わせているようでしたが、次第になれてきたのか本来の顔を覗かせてきました。

こんな激しいキスはいつ以来だろうかと思う程に、唇を吸い、舌を絡めて二人の口の周りは途端に唾液まみれになります。

私が舌を入れて歯茎を舐めてやれば、彼女もそれに呼応するように歯茎に舌を入れてきます。

私がその舌を吸ってやると、彼女もずぶずぶと音をたてていやらしく吸い込んでいきます。

そうして唇と舌と唾液の交換を延々と15分ほど行っているうちにお互いの身体は汗でびっしょりと濡れていました。

先ほどの香水の匂いが汗の匂いと一緒に混ざり合って、下半身の方から立ち上ってきます。

私の方も早く裸がみたくもどかしくなって、キャミソールを無理矢理剥ぎ取ります。

すると恥ずかしそうな顔を見てまた下着もすぐに剥ぎ取りたくなります。

久しく見ない白いブラジャーが目に飛び込んできました。

おそらく普段は清楚で真面目な女の子。

今日のパパ活のために白いブラジャーを選んできたことが伺えてグッときます。

その清楚な白いブラジャーの肩紐を無造作に下ろすと、張りのある小さな胸をあらわにさせました。

まだピンク色の乳首は興奮のせいかすでに立ち上がっていて、私に激しくそして優しく舐められることを待っているようです。

乳首をそっと口に含むと、彼女は言葉にならない「ふぁ」という声を出して天井を見上げます。

私の舌がその乳首をもてあそんでいる間、ずっと彼女は「ふぁ」とよくわからない言葉で興奮していくのです。

パパ活女子の乳首を舐める度に、私のような50代の疲れ切った男性に若い乳首を舐められることにどれほどの恥ずかしさがあるのなかなと想像します。

きっと恥ずかしさと悔しさと諦めと興奮が入り交じってセックスの海に溺れてしまう自分を遠くから眺めているに違いありません。

そう、パパ活で20歳前後の女の子を抱くというのは、清楚な彼女達の羞恥心とセックスの海へ戸惑いながらも自ら溺れていくその態度に触れることに醍醐味があります。

風俗やアラサーの女性にはないその若さ故の恥じらいをめちゃくちゃにすることで、我々おじさんは興奮するのです。

しかも中にはおじさんにメチャクチャにされることを内心は求めている女性も少なくない。

だからパパ活はやめられません。

そのように乳首をもてあそんでいるうちに、のんちゃんの方からわたしのものを掴んで動かすようになりました。

男なれしているようには見えなかったので、ただそれを掴んで入れたいという衝動。

私は彼女がそのようにしたいのを自然に任せ、右手を彼女のクリトリスに当ててゆっくりとスライドさせました。

そこからは獣のような声を出して、私にすがりついてきます。

すでにたっぷりと濡れた陰部に指を入れて子宮の入り口をトントンと突いてやると、我慢ができなくなったのか30秒ほどで果ててしまいます。

同じような動作をその後何度も繰り返し、7,8回いったところで、体中の力が抜けたようにベッドの上でぐったりしました。

その疲れた身体を無理矢理引き起こし、仰向けにすると私のものを静かに入れていきます。

すでにたっぷりと濡れていたせいで、ずぶっと音を立てて沈み込んでいきます。

半分白目になったのんちゃんは叫び声のようなものをあげて私にしがみついてきます。

いれただけで普通の子の絶頂に近い快感を感じているようでした。

本当にいきやすい子です。

それから数回中いきさせて、抱っこすると私の上で激しく腰を振ります。

その感も獣のような声をだして首に抱きつき耳元で「会えて本当に良かった!」とそれを繰り返しました。

ただただ快楽の海に溺れたくていつまでも腰を振り続けます。

もうその頃にはパパ活だということを忘れて、無我夢中で私のものを受け入れています。そして気持ち良くなろうとするその姿を見て私もますます興奮していきます。

こんな風にセックスに積極的な女の子に会ったのは初めてだったので、のんちゃんが快楽をむさぼれるように私はただ彼女を抱きしめ続けるだけでした。

私がやっと果てると、二人して汗だくの身体をベッドに投げ出し天井を見上げました。

こんなに気持ち良かったのは初めてだというのんちゃんは、何と今回のセックスが人生で5回目だということでした。

5回目?

たった5回目であんな風に激しく求めることができるのは若さもありますが、のんちゃんの特別な個性としてそうさせるのだと思われました。

それにしても逸材です。

これだけ激しくセックスに溺れる彼女も、会社では笑顔を振りまき受付カウンターに座って、来客に冷静な対応をしているというのが何やらギャップがあり、私のものはまた大きくなるのでした。笑

パパ活は初々しい女性とセックスが楽しめる

23歳会社員は普通、それまで数人の彼氏がいて関係を持っているのが普通です。

しかしパパ活をやっているとほとんど男性経験がなかったり、今回のように数えるほどしかセックスをしたことがない女性に出会うことが珍しくありません。

彼女達はセックスに興味がないわけではなく、自身のセックス経験の少なさを恥じ、パパさんに何ができるかわからないと自信なさそうにすることが多いです。

しかし、ひとたび身体を開くと、快楽に溺れることに喜びを感じ、いつまでも性行為を求めることが少なくありません。

そのような初々しくも貪欲なセックスを求める真面目な女性に会えることもパパ活の楽しさです。

そのため、私はパパ活サイトでは新規に会員登録した初心者らしき女性にアプローチすることが多いです。

その方が、パパ活にまだまみれていない美しくも真面目でセックスにも素直な女性に会うことができる可能性が高いです。

以上、今回は23歳受付スタッフの会社員とパパ活でセックスをした体験談でした。